1. トップページ
  2. 館内施設のご紹介
館内施設のご紹介

山の産物や天然資源に囲まれた三朝温泉で、江戸時代は庄屋と旅籠を営んでおりました。鳥取藩に砂鉄や山菜のほか、木材を卸していたことで屋号を『木屋』としておりました。明治時代となり旅籠を専業とし令和に至ります。
※全館が wi-fi 対応です(客室、茶房木木も含む)。

ロビー

ロビー

Wi-Fi対応のスポットです。江戸から大正期にかけて、使用してきた家具や帳場、雑貨、調度品を展示しています。また、木屋旅館の歴史やご来館下さったお客様の写真なども展示しています。

囲炉裏の間(リラクゼーション)

囲炉裏の間(リラクゼーション)

Wi-Fi対応の休憩スポットです。1階に位置し、6つのお風呂場の中継点となります。休憩するイスや読書、井戸水コーナーを利用できます。

■Wi-Fi利用に関して:宿泊者のみご利用いただけます。利用ご希望の方、または繋がらない場合、フロントにおっしゃってください。

茶房 木木(きぎ)

茶房 木木(きぎ)

旅館の外で、真向かいにあります。昭和時代の純喫茶。そんなイメージがぴったりの癒し空間です。サイフォンで作る美味しい珈琲と、マスターの似顔絵が旅の思い出になりますよ。

■似顔絵:宿泊の方限定。諸用でマスターが不在の時は、お描きできません。
■営業時間 17:00~22:00

カムパネルラの館

カムパネルラの館

宮沢賢治と河本緑石のドラマに触れる

木屋旅館が運営する喫茶店「茶房 木木」の一角に「カムパネルラの館」という名のスペースがあり、全国各地からたくさんの宮沢賢治ファンが多くいらっしゃいます。 それは当館の大女将の父である「河本緑石」に深い関係があるからなのです。

■河本緑石(かわもとりょくせき/本名:義行)は1897年(明治30年)鳥取県倉吉市生まれ。 倉吉中学在学中から荻原井泉水の自由律俳句に親しみ、その後、井泉水の主宰する句誌『層雲』にも参加。1916年(大正5年)、岩手県の盛岡高等農林学校(現・岩手大学農学部)に進学。 そこで河本緑石と宮沢賢治が出会います。

カムパネルラの館1.前列右が河本緑石(大女将の父)、後列右が宮沢賢治
2. 宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」と「雨ニモマケズ」の復元原稿
3.河本緑石が作詞した鳥取県の倉吉市立明倫小学校の校歌
4.河本緑石手作りの雛人形

1917年(大正6年)、河本緑石は、宮沢賢治、保坂嘉内、小菅健吉等と同人文芸誌『アザリア』を発行し、お互いに影響を及ぼします。 卒業後、緑石は故郷鳥取へ帰り、県立倉吉農業高校で教鞭をとるかたわら、俳句、絵画、作詩など幅広く才能を発揮。

大正13年、同じように農学校で教鞭をとる宮沢賢治から、処女詩集『春と修羅』や『注文の多い料理店』が贈られ、感動した緑石は詩集『夢の破片』を出版し、賢治の友情に応えたのです。

そんな緑石ですが、昭和8年夏、海水浴訓練中に溺れた同僚を救助に向かい、37歳で帰らぬ人となってしまいます。その死は、同じく自由律俳句運動の中心の荻原井泉水の門下生だった種田山頭火にも衝撃を与えました。その想いは亡くなった八橋海岸の供養塔に刻まれています。

緑石の死から2ヶ月後、賢治もこの世を去りますが、賢治の遺作『銀河鉄道の夜』の中で、溺れる友を救って亡くなる“カムパネルラ”は緑石がモデルではないかと賢治研究家の中でよく言われているのです。

緑石はただ才気ある詩人であっただけでありません。 家庭においては良き父、学校においては生徒や同僚に気づかう良き教師でもあり、その生涯は大変すばらしいものでした。

緑石は当時、福光の村において、自転車を所有する唯一の人士であり、倉吉農学校教員時代、毎日それで通勤していました。緑石が、水泳の授業中溺れた同僚を助け、自ら帰らぬ人となったその日の朝のこと。 いつもと同じように自転車に乗った緑石は、何故かその朝に限って幾度も自転車を止め、いとおしそうに、去りがたいように、自らの家を振り返ったといいます。

宮沢賢治作『銀河鉄道の夜』の中に、カムパネルラが、「おっかさんは、ぼくをゆるしてくださるだろうか」とジョバンニに向かって言う場面があり、ジョバンニは知らないが、カムパネルラはこの時点で、すでに溺れた友人を助け、自身は水死してしまっているのです。その彼が、ただひとつ「母」に対してはすまないと思うのです。彼のその姿、その死因は、最後の日の緑石とあまりにもよく重なるのではないか、カムパネルラは緑石である、と推測されるゆえんなのです。

ベストレート保証公式ホームページ予約特典
  • 1喫茶「木木(きぎ)」
    コーヒー券プレゼント
  • 2レイトチェックアウト
    (通常10:00→11:00)
  • 3チェックアウト後の
    当日入浴OK
  • 4連泊500円割引
    (3泊目からお一人様一律)
宿泊日
泊数
宿泊人数
客室数
ご予約・お問い合わせ

電話番号0858-43-0521

受付 10:00〜21:00

  • フォトギャラリー
  • 公式BLOG
  • 木屋旅館youtube
  • メディア掲載情報
  • 三朝温泉水コスメシリーズ通販のご案内
  • 木屋旅館アメブロ
  • 藍染製品通販
  • とっとり行きみちNavi

ページ上部へスクロール